絹かわなす

絹かわなす

  • 栽培地・栽培者:愛媛県西条市を中心にした東予地区
  • 品種:
  • 来歴:
  • 特徴:国内の卵形種としては最も大型。果皮の色つやがよく、名前どおり皮は薄く、果肉は柔らかくジューシーで甘みがある。地元では「ぼてなす」「ジャンボ」などとも呼ぶ
  • 入手可能時期:
  • 利用方法:煮もの、焼きもの、ぬか漬けなど、あらゆる料理に適する。厚く切ってオイル焼きにし、しょうがじょうゆで食べるのが、特におすすめ

※参考文献:「地方野菜大全」芦澤正和監修(農文協) / 「47都道府県地野菜/伝統野菜百科」成瀬宇平・堀知佐子著(丸善) / 「まるごと楽しむナス百科」山田貴義著(農文協)

伝統野菜・在来野菜トップ
伝統野菜・なすのリスト

カテゴリー: 伝統野菜・なす パーマリンク