田屋なす(準備中)

  • 栽培地・栽培者:山口県県長門市田屋で栽培されていたが、昭和50年代に萩市に種が渡り、数戸で栽培が続けられてきた
  • 品種:
  • 来歴:
  • 特徴:一番果は約800g、二番果は600~800gにもなる。大果だが種子はほとんどなく、果肉は非常にやわらかい。「田屋なす」のうち、500g以上のものは「萩たまげなす、「たまげなす」の商品名がついている
  • 入手可能時期:ハウス栽培で6月~7月にかけて収穫される
  • 利用方法:焼きなす、田楽、汁の具など用途は多い

※参考文献:「地方野菜大全」芦澤正和監修(農文協) / 「47都道府県地野菜/伝統野菜百科」成瀬宇平・堀知佐子著(丸善)

伝統野菜・在来野菜トップ
伝統野菜・なすのリスト

カテゴリー: 伝統野菜・なす パーマリンク