十市小なす

十市小なす

  • 栽培地・栽培者:高知県のJA西土佐支所(四万十)産。JA津野山(高知県梼原)、JA南国(高知県南国市)でも
  • 品種:十市小
  • 来歴:
  • 特徴:鮮やかな紫紺色と白いへた抜き部分のコントラスト、まとまった小さな果形が美しい。果肉はよく締まっている
  • 入手可能時期:5~9月末まで。南国市では周年出回る
  • 利用方法:愛らしい形を生かして、丸ごとか半割りにして調理するのがおすすめ。なすのたたき風、油との相性もよい

※参考文献:「地方野菜大全」芦澤正和監修(農文協) / 「まるごと楽しむナス百科」山田貴義著(農文協)

伝統野菜・在来野菜トップ
伝統野菜・なすのリスト

カテゴリー: 伝統野菜・なす パーマリンク