野菜がクスリになる44の食べ方

著者: 池田弘志
発行年月日: 2004年1月1日
発行元: 小学館
ISBN: 4-09-418112-1

■帯から
160種あまりの農作物を、約90人の専門家から取材、がんや心疾患、脳卒中などの生活習慣病への有効性、またアレルギー、ダイエット等にまつわる常識のウソを、野菜の病気予防策や健康増進の実効性から検証。さらには野菜の効能別の選び方、作り方、食べ方を最新データで徹底図解。ブームを見誤らないための、野菜の「新常識」を丸ごと知り尽くす、食べ尽くす、話題の一冊!

■目次
1 生野菜神話崩壊。5分煮てがんに克て
2 がん予防に効果の高い7種類を選べ
3 温度で栄養素が激減。逃さない適温を選べ
4 効き目は色でわかる。老化防止は赤、黄、緑
5 赤いトマトのリコピンが体のサビを取る
6 便秘を解消する野菜の繊維パワー
7 野菜の炭水化物でイライラを解消する
8 東南アジアの野菜の驚異
9 驚異の殺菌力にんにくパワー
10 肝臓の働きに効く秋なすパワー
11 ハウスものは栄養が激減。野菜の四季を逃すな
12 捨てる部分に栄養。丸ごと食べて逃さない
13 脂肪を分解する辛味成分パワー
14 動脈硬化に効くにんにくのにおいと辛味成分
15 女性の強い味方。骨を強くするミネラル野菜
16 じっくり加熱で効果が倍増するいもの食べ方
17 興奮作用と鎮静作用はハーブの芳香が解決
18 かめばかむほど得られる野菜の相乗効果
19 野菜の摂取回数で決まる育ち盛りの頭脳
20 ぬか漬け・塩漬けで栄養と効果が倍増する
21 みそ汁は具を増やしてがんに克つ
22 かぼちゃを丸ごと食せば高血圧抑制効果
23 生でも煮ても効果が大きい根菜の抗酸化作用
24 きのこは冷やしてうま味成分を出す
25 きのこは食べるごとに免疫力を高める
26 効き目は香りと辛味。ねぎ類が体調を改善
27 露地もので色の濃い青菜は活性酸素を抑制
28 豆類は子供たちの情緒安定に効く
29 置き方で栄養素が激減。逃さない保存法を選べ
30 有毒物質から守る野菜の威力を知る
31 淡色野菜の抑制効果を発見。しぼり汁でがんに克つ
32 血圧を下げるセリ科野菜に注目を
33 えぐ味が万病に効くたけのこパワー
34 アレルギーを抑制する青じそパワー
35 野菜から採れる油が体を守る
36 産地を知るべし。輸入物より国産を選べ
37 渋みと苦みは動脈硬化を防ぐ
38 大豆は調理・加工次第でクスリに変身
39 納豆のねばねばは血流と老化に効く
40 ご飯は混ぜて具だくさんでがんに克つ
41 粘りが血糖値を下げる山いも・里いもパワー
42 においが血をサラサラにするピーマンパワー
43 栄養効果を逃さない有機野菜を選べ
44 安全な有機野菜を見極める

書名順 本の一覧
著者名順 本の一覧

カテゴリー: パーマリンク