世界の果物雑学事典

編者:毎日新聞社
発行年月日: 1983年5月5日
発行元: 毎日新聞社

 

 

 

 

 

■目次

Part 1
 ・世界の主要果実生産国ベスト5
 ・難字、難読、難解、古典の果物名 
 ・ココナッツの悲恋物語 
 ・世界の果物切手コレクション 
 ・アーモンドと杏仁 
 ・砂糖の300倍の甘さ 羅漢果 
 ・南米の水中トウモロコシ 
 ・日本のスイカは米欧種 
 ・なぜグレープフルーツなのか 
 ・大果系ビワは台湾から 
 ・変わり身の早いレイシ 
 ・ピヌポア転じてピンポン 
 ・赤い血のオレンジジュース 
 ・日本のグミは世界の代表 
 ・糖分70パーセントのナツメヤシ 
 ・バニラはランの実 
 ・種なしスイカのつくり方 
 ・日本独特の有袋栽培 
 ・アンデスの黄金の果物 ルロ 
 ・グーズベリーとカランツ 
 ・パイナップルのルーツ 
 ・西洋ナシの栽培は中世から 
 ・無核バナナの繁殖法 
 ・コーラの実のカフェイン 
 ・酸味が珍味のロゼル 
 ・アーモンドのルーツ 
 ・日本は白桃、西洋は黄桃 
 ・フルーツパンチのパンチとは?
 ・三宝にのせて献上したサンボウカン 
 ・不老長寿と果物 
 ・ドリアンの味 
 ・旧暦八月一日で八朔 
 ・パイナップルと女性のヒップ 
 ・渋ガキを甘ガキに 
 ・果物の色 4つのグループ 
 ・現在のリンゴは明治初年に 
 ・天然の包装紙バナナの葉 
 ・種あり種なし種談義 
 ・パパイヤの雄、愛のコリーダ 
 ・スターフルーツとスターアップル 
 ・肉をとかす果物 
 ・パンノキとバウンティン号の反乱 
 ・聖書のなかの巨大ブドウ 
 ・オリーブは紀元前2000年に 
 ・グワバの親戚 フェイジョア 
 ・パパイヤはイチジク? 
 ・果物が先か種が先か 
 ・食用ホオズキ ケープグーズベリー 
 ・幹に直接実をつける果物 
 ・デリシャスリンゴの生誕 
 ・アボカドでも勝ったキング夫人 
 ・ビタミンC含有量No.1のグワバ

 Part 2
 ・世界一の長寿 巨木の果樹 
 ・『魏志倭人伝』による邪馬台国の果実 
 ・ケサランパサランはビワの綿毛 
 ・リンゴに蜜がなぜたまる? 
 ・東西果実格言故事25話 
 ・白も黒も同じブドウから 
 ・精子からできるギンナン 
 ・ライムとレモン、レモンとライム 
 ・アンズの大産地はカリフォルニア 
 ・日本の輸入果物の種類と産地 
 ・ペジバエは熱帯アメリカの主食 
 ・桜桃はスイスの湖棲民族が 
 ・クログワの実のシロップはのど薬 
 ・マンゴーの原産地はインド 
 ・ブドウは奈良時代に 
 ・タマリンドはインドのナツメヤシ 
 ・果物の天敵退治新作戦 
 ・バナナはなぜ手の形をしているか 
 ・温州ミカンは各種各様 
 ・根に実をつけるパラミツ 
 ・イチジクのなかにすむ昆虫 
 ・コーヒーの木の実 
 ・王様ミカン“ザボン”  
 ・ブドウ棚は平安末期から 
 ・ナツメヤシのハーレム 
 ・スイカとメロンの一代交配 
 ・スイカの台木はカボチャからトウガンへ 
 ・フィリピンのすだち カラマンシ 
 ・ジャムに適する小果類 
 ・カルシウムの豊富なキンカン 
 ・無核イチゴの繁殖法 
 ・浜辺に野生するウミブドウ 
 ・『千夜一夜』672夜の果実 
 ・アーモンドでつくる練り菓子 
 ・アップルでないアップル 
 ・サポテの名がつく熱帯の果物 
 ・ヤシの水はリンゲル液になる 
 ・メロン栽培は日本人のお家芸 
 ・牛とマンゴの葉と染色剤 
 ・バナナの栄養学 
 ・リンゴではないマメーリンゴ 
 ・回青するダイダイ 
 ・大きなものは50キロもあるナンカ 
 ・ビンロージは口中清涼剤 
 ・高カロリーのペカンナッツ 
 ・果物のおいしさの秘密 
 ・イチゴは偽果の野菜 
 ・ナッツとアップルの奇妙な関係 
 ・果物の上手な食べ方 
 ・マレー半島に生誕したバナナ 
 ・がん予防に有効 ビタミンC 
 ・7種の実、福原オレンジの原木

 Part 3
 ・マンゴスチンは処女懐胎 
 ・クリの雑記帳 
 ・万に一つの確率で品種改良 
 ・飲むフルーツ 
 ・種の寿命はなぜ長い? 
 ・サルを生け捕りにするサルノツボ 
 ・果物輸入に植物防疫法 
 ・“バナナやメロンも風邪をひく”  
 ・ウメは有史以前日本に 
 ・甘味のα型 β型 
 ・余命を保つ夏ミカンの原木 
 ・アボカドの種はインカ王の墓から 
 ・甲州ブドウはシルクロードから 
 ・東西アベコベ、リンゴの頭と尻 
 ・珍味モンステラの実 
 ・ポンカンは知る人ぞ知る 
 ・イチゴは石器時代から 
 ・メロンと炭酸ガスの関係 
 ・飲用水をとる果物 
 ・ココアを最初に飲んだのは 
 ・楽園の果実 イチジク 
 ・エジプトに発したメロンの旅 
 ・キーウィとキーウィフルーツ 
 ・ザボン ブンタン バンペイユ 
 ・トマトの木 タマリロ 
 ・温州ミカンは日本原産 
 ・サトウヤシからとれる砂糖の味 
 ・離乳食によいパパイヤ 
 ・果物に含まれる主な有機酸 
 ・アダムのリンゴはノドチンコ 
 ・スモモは万葉時代に 
 ・カキはKAKIで世界に通る 
 ・バナナの花の精 バナナハート 
 ・種なしブドウはノーベル賞もの 
 ・太陽のようなミカン 
 ・自然で美味の健康食 キイチゴ 
 ・月下美人サボテンの実 
 ・日本ナシの記録は『日本書紀』に 
 ・熱帯のマルメロ ベルの実 
 ・実を結ぶかニュートンのリンゴ 
 ・ナッツ坊やと森の妖精 
 ・無核パイナップルの繁殖法 
 ・オレンジの原産地 
 ・世界の果物の起源と移動 
 ・バナナの加工、利用法 
 ・果物に含まれる主な酵素 
 ・モモの原生は中国北部 
 ・熱帯の果実“牛の心臓”  
 ・マンゴーでかぶれた花嫁 
 ・チョコレートの木=カカオの木 
 ・日本スモモが米国から再渡来 
 ・コケモモとクロマメノキ 
 ・元禄時代の果実酒

 Part 4
 ・古今東西フルーツクイズ 
 ・伯爵果実と伯爵夫人果実 
 ・トゲトゲの熱帯の果実 
 ・春が来た!春が来た!の石垣栽培 
 ・スペクトルで決まる果物の色仕掛け 
 ・生のオリーブは美味? 
 ・ザクロの原産地はペルシャ 
 ・山口県で発見されたイヨカン 
 ・新しいチョコレートの実 カロブ 
 ・お目ざめ3000年のクルミ 
 ・孫悟空と蟠桃園のモモ 
 ・パッションフルーツは時計草の実 
 ・天然のシャーベット チェリモヤ 
 ・優良品種の多いヨーロッパグリ 
 ・香水石けんになるコブミカン 
 ・タンゴールとタンジェロ 
 ・果物の香り 
 ・帝王のワイン 貴腐ワイン 
 ・木いじめの科学的根拠 
 ・西王母のモモ 
 ・世界一大きなリンゴ「世界一」 
 ・禁断の木の実は? 
 ・皮肉の風味 日向夏ミカン 
 ・チューインガムの木の実 
 ・果物は旬にかぎる 
 ・エロチックココナッツとは 
 ・神が与え賜うた最高のナッツ 
 ・ジャンボランは傷をつけて食べる 
 ・アリに見初められたランブータン 
 ・ブランデーとフルーツブランデー 
 ・鳩のフンでメロンを甘くする話 
 ・追熟を必要とする果物 
 ・「人はパンのみに生きる」 
 ・リンゴ余聞、フジとムツ 
 ・バナナの珍種変種 
 ・ロウソク代用にもなるブラジルナッツ 
 ・イノブタ式柑橘の新品種名 
 ・果物に成人病予防の働き 
 ・カキのパイとシャーベット 
 ・生命の木 ココヤシ 
 ・パンノキ食べて30年 
 ・アケビと王選手の三冠王 
 ・枯露ガキと柿寺と徳川家康 
 ・果物の白粉はロウ質の果粉 
 ・代表的なナッツの種類 
 ・ワインとフルーツワイン 
 ・デリシャスの苗は返礼の贈り物 
 ・宮崎康平の『ザボン物語』 
 ・フルーツ系リキュール

書名順 本の一覧
著者名順 本の一覧

カテゴリー: パーマリンク