どこかの畑の片すみで~在来作物はやまがたの文化財

著者: 山形在来作物研究会
発行年月日: 2007年8月20日
発行元: 山形大学出版会
ISBN: 978-4-903966-02-1

■帯から
根ほり葉ほり探してみました。温海カブ、だだちゃ豆、雪菜、カラトリイモ、もってのほか……。生まれも育ちも山形の野菜たちは、元気でたくましく、そして美味しい! 在来作物についての解説と対談録、作物事典、分布リスト&地図などを網羅した、在来作物がまるごとわかる本!

 

■目次
・はじめに
・山形大学学長メッセージ
・在来作物についてのお話
・特別対談 奥田政行×江頭宏昌 ふるさとを「食の都」に
・やまがた在来作物事典
 春:バンケ、ウルイ、ギョウジャニンニク、啓翁桜、古湊の紫折菜、チヂミ菜、カツオ菜、庄内の孟宗、月山筍、フキ
 夏:ジュンサイ、オカノリ、佐藤錦、長井の“あやめ” 、外内島キュウリ、畔藤キュウリ、與治兵衛キュウリ、民田ナス、高豆蒄ウリ、だだちゃ豆
 秋:漆野インゲン、ライマメ、エゴマ、谷沢梅、ヤマブドウ、西荒屋の甲州ブドウ、ラ・フランス、庄内の柿、紅柿、もってのほか、亀の尾、在来のダイズ
 冬:肘折カブ、西又カブ、庄内地方のカブ、最上のみそかぶ、最上地方の「みそ豆」、梓山大根、アサツキ、カラトリイモ、山形青菜、行沢のトチノキ、山形赤根ホウレンソウ、雪菜、小野川豆モヤシ
・付録

書名順 本の一覧
著者名順 本の一覧

カテゴリー: パーマリンク