ベジマルシェ通信 Vol.36

新年にあたって、
いま日本に起きているさまざまな健康の問題を
「食」によって解決するために、
食の提案はもちろん、講座をますます充実させ、
これまで以上に積極的に情報発信をしていく、
という丹羽真清社長のメッセージを紹介しています。

■前へ進もう。
・食で日本を元気に
・さらに情報を発信します

■ミネラル新知識
・カルシウム

couleurs(クルール) は、赤坂アークヒルズ2階のVege Marche(ベジマルシェ)に置いてありますが、こちらからPDFをダウンロードできます。

ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_36_p1
ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_36_p2

カテゴリー: 野菜の仕事 |

ベジマルシェ通信 Vol.35

今回はギフトシーズンなので、
いつものベジトークではなく、
野菜の宅配便「ベジマルシェボックス」を紹介しました。

抗酸化力、解毒力、免疫力という3つのチカラで選んだ、
旬の野菜とフルーツを届けるサービスです。
ギフトとしても、ご自宅用にも。

■冬の健康を贈るギフト
「野菜のチカラをお届けします」

野菜のチカラをセットに
12月のベジマルシェボックス

■ミネラル新知識

  • 野菜のミネラル

couleurs(クルール) は、赤坂アークヒルズ2階のVege Marche(ベジマルシェ)に置いてありますが、こちら↓からPDFをダウンロードできます。

ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_35

 

 

カテゴリー: 野菜の仕事 |

ベジマルシェ通信 Vol.34

ベジマルシェを運営している
デザイナーフーズ(株)の社長、
丹羽真清さんが本を出版しました。

『2万サンプル以上の野菜を分析してわかったこと
おいしいものは体にいい』で、
今話題の野菜の機能性について書かれています。

私たちは編集スタッフとして制作に協力しました。

 

 

■ベジトーク「おいしいものは体にいい」

15年間のデータの蓄積から
食で日本を元気にする

▼目次を紹介すると、次の通り。

1章 野菜の新しいチカラ

そして野菜の新しいチカラへ
野菜のよく知られているチカラ
野菜の新しいチカラ
野菜の新しいチカラが注目されるわけ
活性酸素とは
活性酸素とヒトの体

2章 野菜のチカラを手に入れる

野菜の色はチカラの現れ
野菜のチカラをはかる
旬と味とチカラの関係
調理の仕方でチカラは変わる
メニューのチカラをアップする
食の病院」としてのレストラン

3章 野菜ルネッサンス

野菜を中身で評価する
野菜研究の最前線
野菜の免疫力
・ゼブラフィッシュが明らかにする野菜のチカラ
・汗による健康診断土壌
・センチュウ診断非破壊測定装置の開発

■ミネラル新知識

ミネラルのはたらき

couleurs(クルール) は、赤坂アークヒルズ2階のVege Marche(ベジマルシェ)に置いてありますが、こちら↓からPDFをダウンロードできます。

ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_34_p1
ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_34_p2

 

カテゴリー: 野菜の仕事, 野菜生活研究所について |

ベジマルシェ通信 Vol.33

このところ野菜の機能性が、
テレビや雑誌によくとりあげられます。
ベジマルシェもたびたび取材されました。

なぜいま、農産物の機能性なのでしょうか。
機能性をもたせた新野菜が登場していることが要因、
といいますが、
いま話題になっている機能性は、抗酸化力。
活性酸素に対抗して、
ヒトを老化や病気から守ってくれるはたらきです。

健康で長生きするために、
「食」のチカラが求められる時代になったというべきでしょう。

■ベジトーク「野菜の機能性が注目されるわけ」

  • 健康で長生きするために
  • 野菜の機能性を表現するために

■野菜のチカラ徹底研究

  • ビタミンK

couleurs(クルール) は、赤坂アークヒルズ2階のVege Marche(ベジマルシェ)に置いてありますが、こちらからPDFをダウンロードできます。

ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_33_p1
ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_33_p2

 

カテゴリー: 野菜の仕事 |

ベジマルシェ通信 Vol.32

「ごはんのチカラ」の2回目。
先月は冷えたごはんについてのお話、
今月はお米に含まれるミネラルがテーマです。

かつてごはんは、エネルギー源として
私たちを支えてくれる圧倒的に重要な栄養源でしたが、
「飽食」ともいわれる多種多彩な食のなかで、
ややその存在が薄れている感じは否めません。

そこで、エネルギーだけではない
チカラにフォーカスして、
ごはんを食べる意味を考えています。

 

■ベジトーク「ごはんのチカラ その2」

  • ごはんのミネラル
  • ケイ素をご存じですか

■野菜のチカラ徹底研究

  • ビタミンE

couleurs(クルール) は、赤坂アークヒルズ2階のVege Marche(ベジマルシェ)に置いてありますが、こちらからPDFをダウンロードできます。

ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_32_p1
ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_32_p2

カテゴリー: 野菜の仕事 |

ベジマルシェ通信 Vol.31

「食の薬局」へリニューアルした<ベジマルシェ>が
提唱する食の基本、「一汁三菜」の土台となるのは、
ごはん。今回は、ごはんのチカラについてのお話です。

パンを買うための支出がお米よりも多くなったのは、
2011年のこと。
3食ごはんを食べている人は少なくなっています。

今回のcouleursは、
3食ともごはんだった一昔前の日本人ならよく食べていた、
冷えたごはんに含まれる難消化性でんぷんのはたらきを
紹介しています。詳しくは、PDFをご覧ください。
■ベジトーク「ごはんのチカラ」

  • ごはんをもっと食べましょう
  • 冷えたごはんのチカラ

■野菜のチカラ徹底研究「ビタミンD」

couleurs(クルール) は、赤坂アークヒルズ2階のVege Marche(ベジマルシェ)に置いてありますが、こちらからPDFをダウンロードできます。

ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_31_p1
ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_31_p2

 

 

カテゴリー: 野菜の仕事 |

ベジマルシェ通信 Vol.30

「野菜のショールーム」から「食の薬局」へ
リニューアルした<ベジマルシェ>。
「食の薬局」として提唱する食の基本が「一汁三菜」です。
「一汁三菜」は、ごはんとおつゆ、たんぱく質の主菜、
野菜の副菜2品という、日本の伝統的な献立。

この号ではその調理のベースになる
「だし」と「調味料」を取りあげています。

だしも調味料も、よい食材できちんと作られたものは、
抗酸化力が高いことがわかってきました。
詳しくは、PDFをご覧ください。

■ベジトーク「一汁三菜のある食卓」
・調味料のチカラ
・一日一食「一汁三菜」を

■野菜のチカラ徹底研究・ビタミンC

couleurs(クルール) は、赤坂アークヒルズ2階のVege Marche(ベジマルシェ)に置いてありますが、こちらからPDFをダウンロードできます。

ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_30_p1
ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_30_p2

カテゴリー: 野菜の仕事 |

ベジマルシェ通信 Vol.29

赤坂アークヒルズ2Fにある<ベジマルシェ>は
この4月、「野菜のショールーム」から「食の薬局」へ
リニューアルしました。

キーワードは、「旬菜薬同源」です。
「旬の野菜と薬は、同じようにカラダにはたらくという意味」と、
ベジマルシェを運営する
デザイナーフーズ株式会社の丹羽真清社長。

つまり、「食の薬局」では薬品は売らないけれど
、薬を同じようにカラダにいいはたらきをする食材を
紹介して、健康を届けるということです。
詳しくは、PDFをごらんください。

■ベジトーク「旬菜薬同源」
・食の薬局から旬菜薬同源を
・たとえば「めはり」の抗酸化力
■野菜のチカラ徹底研究・パントテン酸

couleurs(クルール) は、赤坂アークヒルズ2階のVege Marche(ベジマルシェ)に置いてありますが、こちらからPDFをダウンロードできます。

ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_29_p1
ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_29_p2

 

 

カテゴリー: 野菜の仕事, 野菜生活研究所について |

ベジマルシェ通信 Vol.28

「食の薬局」へ歩み始めた<ベジマルシェ>。
5月から、ラインナップにスムージーが加わりました。
こちらも、「抗酸化」「免疫」「解毒」という3つの機能性に分けて開発されたものです。

  • 「抗酸化」スムージーは紫外線対策レシピ
  • 「免疫」は腸を整える、免疫を考えたレシピ
  • 「解毒」は消化吸収と代謝をよくし、いらないものを出してくれるレシピ

旬がはっきりしない野菜が増えましたが、果物はまだこの時期にしか出てこないというものが多くて、季節感が出ます。自分でスムージーを作ると、その時期だけの味、既成のジュースにはないバリエーションが楽しめます。

■ベジトーク「5月のスムージーはいかが」
・スムージーも3タイプ
・季節に合わせてめしあがれ

■野菜のチカラ徹底研究
・ビタミンB12

couleurs(クルール) は、赤坂アークヒルズ2階のVege Marche(ベジマルシェ)に置いてありますが、こちらからPDFをダウンロードできます。
ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_28_p1
ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_28_p2

カテゴリー: 野菜の仕事 |

ベジマルシェ通信 Vol.27

4月、赤坂アークヒルズ2階にある八百屋さん<ベジマルシェ>は野菜のショールームから「食の薬局」への歩みをスタートさせました。この薬局の狙いは、私たちのからだを作っている60兆個の細胞を、「食」によって正しく作り、元気にすることです。

「食の薬局」のベースには、<ベジマルシェ>を運営しているデザイナーフーズ株式会社のこれまでの活動があります。

デザイナーフーズは、青果物卸業デリカフーズの研究機関として、長年、出荷する野菜を測定し、得意先に提案をしています。そのなかでさまざまなことがわかってきました。

たとえば旬と味と機能性の関係、また調理と機能性の関係などなど。このようなわかってきたことを毎日の食生活にいかせるような商品を届けるのが「食の薬局」なのです。

<ベジマルシェ-食の薬局>のスタートは、和食献立のなかにも溶け込んできたサラダが中心です。「抗酸化」「免疫」「解毒」をポイントにしている点が、食の薬局ならでは。食事の時に、最初に野菜を食べると血糖値が上がりにくいことから提唱している、「ベジタブルファースト」が実行できるというわけです。

■ベジトーク「ベジマルシェは食の薬局に」
・野菜のショールームから薬局に
・食の機能性をデザインしたサラダとお総菜

■野菜のチカラ徹底研究
・ナイアシン

couleurs(クルール) は、赤坂アークヒルズ2階のVege Marché(ベジマルシェ)に置いてありますが、こちらからPDFをダウンロードできます。
ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_27_p1
ベジマルシェ通信couleurs(クルール)vol_27_p2

 

カテゴリー: 野菜の仕事 |